俳句で綴る日々のあれこれ
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
夢の美術館

♪さんと連れだって、夢めぐりあう名画展ㇸ〜

数々の巨匠たちの名画を前にして、その圧倒的パワーに包まれた濃密な時間を過ごしました
 

 

 

 

まずは、藤田嗣治の仰臥裸婦の乳白色の肌

ルノワールの麦わら帽子を被った女の自然光と柔らかな輪郭

黒田清輝の婦人像の深い瞳〜

 

そして、モネの睡蓮・柳の反影

私は、あの睡蓮の池を思い描いていましたが、これも数々の睡蓮作品のひとつなんですね

(写真撮影禁止でしたので、PCより)

 

 

前衛的な作品も多数ありましたが

なかでも草間弥生さんの南瓜

あの水玉模様の妖しい魅力・・・・

瑛九の卵(そふとなバランス)等らに心惹かれました

 

 

濃密な時間の後は、尽きないお喋り時間〜

なんだか、互いにインテリになった気がするなんてね(笑)

芸術に親しむ一日過ごしました

いつも楽しい食事がセットされていて^^です

 

 

クス並木がすてきな駅前通り

 

  片陰や余韻に浸る美術展

華麗なるガラスの世界、

ガラス工芸作家・現代の名工・黒木国昭さん作品展に

延岡総合文化センターに出かけてきました

 

テレビや紙面で拝見したことはあるものの、本物は初めて〜

 

パンフレットに華麗なるガラスの世界〜

溢れる流動感、ダイヤモンド以上に輝く美しい素材・ガラス

ガラスに魅了され、西洋の素材であるガラスと日本文化の融合をめざし

日本の歴史・文化・風土・伝統美を追求し続ける、ガラス工芸作家とありましたが

 

 

西洋のガラスに尾形光琳を始祖とする琳派の世界を取りいれた

まさにまさに素晴らしい作品の数々を鑑賞することが出来ました

 

 

 


写真はパンフレットのものをお借りしましたが

百聞は一見にしかず、素晴らしい作品ばかりです

ひとつ位、我が家にもと思うものの・・・

(豪邸建てなきゃ、釣り合わないわネ 笑)

ついてるお値段も数十万円から○百万円のものばかり・・・

すでに数点は売約済みとなってましたよ

 

夏の名残に〜早めの芸術の秋堪能出来ました

人も団地も高齢化

日曜日は、地区のクリーン作戦に参加

団地内の公園や川沿いの道路の草刈りと清掃に汗を流しました

 

 

 

区長さんから

「この団地の平均寿命は幾つでしょう?」なんてお話がありましたけれど(笑)

平均年齢は、60代以上が6割を占める人口構成〜

そうですね、今日集まった70 人あまりも、みなさにリタイア組の顔ぶれ

小学生が6名中学生が2名高校生が14名とか

みなさんから、「赤ちゃんはいないんですか?」って質問が出てましたけれど・・・(笑)

子供の数もぐんと少なくなってますね

 

 

子供のいなくなった公園に、今度は、大人が遊ぼうと

ゲートボールのお誘いがありました^^

 

 

 

みなさん働き盛りに家を建てて・・・数十年・・・

人も団地も高齢化の波が押し寄せて来ています

 

 

 

 


 

溢れる笑顔〜

♪さんと、イオンの笑顔の写心展に行ってきました

 

写心家の柳田かおりさん主催の

前向きに翔んで人生楽しく顔晴れ屋でいたいと銘打った写心展です

 

柳田さんは、自らの自閉症スペクトラムの障害を公表し

写心撮影を通じて、人を笑顔にする活動をしていらっやる方です

 

たくさんの写心に囲まれて、笑顔のかおりさんが待ち受けていました

どの方もどの方もこぼれ笑顔が素晴らしい

早速私達も撮っていただきました

これは後日別会場に展示される予定とか

楽しみです〜

 

 

 

 

写真じゃないよ

写心だよ

ファインダーに

こぼれる笑顔

写すあなたも笑顔です

 

 

一枚の

ネガを通して

笑顔のリレー

溢れる笑顔は

大輪の花

 

 

この道に

私は何を残せるの

そうね

笑顔の足跡

残しましょう

 

 

同時にブリキ工芸家の木村喜久生さんの作品が展示されていました

これは、三福寺と城山の大手門

 

そして、猫バス・熊本城もありました

すばらしいですね^^

 

 

今日も良い一日ありがとう〜

 

 

趣味の作品展

いっちみろや・ふれあい祭り・趣味の作品展」へ

 

ちなみに

「いっちみろや」とは、延岡弁で、行ってみましょうの意

 

この時期、オータムフェスタ2016の一環として

(神楽祭り・落語独演会・歌謡ショー・軽トラ市等など)

絵画・書・陶芸・生花・手芸品俳句・短歌など多数展示がありました

 

 

さすが、腕に覚えのある方ばかり、力作が並んでました

 

 

私達の手遊び塾も色を添えて・秋の散歩道

延岡市新庁舎見学

今日は、♪さん姉妹と延岡市新庁舎低層棟の見学へ〜

 

行縢の滝前(野淵記念館)で待ち合わせの連絡入れると

彼女から、「あら?ナイアガラじゃなかった?」と返信(^O^)

秋日の見学会楽しみました

 

 

 

これが延岡新庁舎全景です

 

今日の見学会は、高層棟に続き低層棟の完成によるもの〜

1階は、高齢福祉課・介護保険課・こども家庭科・障害福祉課など

より利用者にやさしい配置になっています

2階は保健管理センターや市庁舎カフェテリアが入るとの事

また、市民ギャラリーの展示など身近な利用が期待されます

 

広くて高い天井、採光溢れるエントランスホールには

上りざるが待っていました

 

 

 

 

 

2階からの眺望です

 

立派な市庁舎の完成に一市民として誇らしい気分〜

外観も中身も伴う市政でありますように願っています

 

 

帰りはいつもの如く、お喋りタイム楽しみました

 

   秋天の城址はるかに鐘の音

 

 

 

♪こころのおと♪

野田あすかさんのピアノリサイタルに行ってきました

 

これまでにもNHKのドキュメンタリー番組で

ご存知の方も多いと思いますが

あすかさんは、広汎性発達障害・解離性障害が原因で

いじめ・転校・退学そして自傷・パニック・右下肢不自由

左耳感音性難聴などで入院を繰り返してきたピアニスト

2006年より数々の音楽コンクールで、入賞多数

今後プロのピアニストとしての活躍される方です

 

 

 

  

 月明り奏でる音色こころおと

 

 

その優しい音色、力強いタッチは

♪こころのおと♪〜

溢れんばかりの思いが、

純粋な心が伝わってくる感動のステージでした

 

曲目は

「2つのアラベスク」より第1番

 手紙〜小さい頃の私へ

 風のとおり道

 幻想即興曲

 愛燦々

「アルゼンチン舞曲」より第2第3曲

 しあわせを運べるように

 

時にユーモアを交えながら曲紹介するあすかさんは

とっても可愛い方です

こんなすてきなステージに出会えて、ありがとう〜

 

 

 

発達障害の娘を抱えて、「どうして周りとうまくいかないの?」と

悩み傷つき、共に乗り越えてきたお母様の講演

ご本人が抱えた苦しさ・・・

そして、ご自身の作詞作曲よる、手紙〜小さい頃の私へにもある

ありのままの私でいいのだと、障害を受け入れて強く進む今へ

たくさんの拍手とこれからのご活躍を祈ります

 

 

剪画展

涼風献上・中島英陸剪画展〜虎屋サロンに行ってきました

 

青空が戻ったお天気に目白押しの用事はあるけれど

今日までの日程とあって、どうしても見たかった剪画展です

その繊細な剪画に見入ってしまいました

 

とうもろこし

 

 

彼岸花

 

 

浅草雷門

 

 

阿蘇の山々

 

 

鳴門の渦潮

 

ここまで表現できるなんて、すばらしいですね〜

直接、お話し聞きたいなと思いました

 

3人展
ギャラリー蒼樹での水彩画展に出かけたら
何と、絵文字展や陶器展も開催されていて
一度で三度美味しい気分〜良い時間過ごしました






児玉まり子さんの柔らかな色合いの水彩画
中でも、薔薇や紫陽花の絵は、絶品!魅了されました
こんなふうに描けるなんてあこがれちゃいますね


(会場は撮影禁止なので、いただいたお葉書アップしました)



こちらは史窯の池田さんの作品展
シンプルでスタイリッシュ!白地のソーサー求めました^^




   十薬の一輪添えし棚の鉢

そして

この奥は、蔵での野いちごさんの絵文字展
独特の創作絵文字をタペストリーや額装してありました
いつ拝見しても、豊かな発想力に脱帽です
妹と二人、いろんなお知恵拝借しながら
創作意欲掻き立てられてます


  風誘う蔵の画廊の薄衣

この佇まい!すてきな空間でしょう〜

昔、製餡工場でしたが
今は、クラシカルなギャラリーに変身
良い感じですね〜
妙見湾一巡り
三月歩こう会〜
土々呂海浜公園から妙見湾一巡りコースです

海浜公園は、昔海水浴場があって国鉄の臨時停車場が
設けれれていたほど賑わったところ
海の店が立ち並んでいました
小学生の頃、祖母の家から海水浴に行くのが楽しみでした
今は、なごりの砂浜のみ・・・





今回は、湾沿いの平坦コース・いつもより距離も短め
お喋りしながら歩きました^^



 春干潟朽ちし船の残りおり

 春の泥先行く人の標かな

 茎立や野辺行く人に名残花