俳句で綴る日々のあれこれ
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
吟行〜

赤水の日高邸(鰤御殿)・樫が浜へ吟行に出かけました

 

日高家は代々庄屋を務め、水産業・運送業を営み

明治時代に日高式大敷網の発明で大成し

地元では、今も鰤大尽・鰤御殿と称されています

入母屋と切り妻の混合になる近代和風建築の豪奢な建物で

延岡市の有形文化財指定になっています

 

今は、料亭ひだか&和のカフェ椿庵として利用されています

 

   百年を過ぎし過客や秋の空

                かまち

   大引き戸上がり框の秋日かな 

  

      在りし日の残像ありし秋日和

 

   朽ち果てし白き土蔵や酔芙蓉

 

 

   秋望や満し潮の香舟だまり

 

さすが鰤御殿、栄華を誇る調度品の数々・贅を尽くしたつくりです

玄関の上がり框の大きな洛中洛外の屏風絵

武者小路実篤直筆の無盡蔵の書

美しい欄間やはめ込みのガラス窓等など・・・

 

 

 

 

 

  つくばい

 蹲踞の波紋見つめし愁思かな

  

 

甘味処で、まず一句

あ〜でもない、こうでもないと思案中の皆々様^^

 

 

 

今日いただいたのは、紅福茶(ジャスミンティ)

 

  紅福茶開きを待ちて秋の昼

 

そして、一山超えて樫が浜ㇸ

これまた趣違う海景色

 

   揺らめきつ光のプリズム秋日和

 

  船虫のそぞろ逃げ足秋の浜

 

  

 

  秋麗寄せる白波さざれ石

 

 

  秋日和遠き島影まろき石

 

 

 

吟行の一日〜

詠むには詠んだけれど、中身の充実イマイチと課題多し

修行が足りませんね(>_<) 

 

 

今日のお土産は

波に洗われたまあるいまあるい小石です^^

 

 

 

 

美しき嘘〜

美しき嘘〜

???とお思いでしょう〜

ご安心あれ、俳句のお話です(笑)

 

 

句会では、全員の句の中から、それぞれに5句選句し

内1句を特選として、点数をつけますが

作者と選句者の意が異なることも〜

それぞれに自分の中に情景を広げているんですね

こんな気持ちで作ったんですと聞いて

あ〜そうだったんだということもあります

 

時には、美しき嘘も上手に使うことも必要〜

 

 

今日の句会では、あまりに正直に句の成り立ちを話して

先生から、「話を聞いたら、降格だわ」と言われた方がいて

みんなで大笑い!

まるで、プレバトの夏月先生みたいでした(笑)

 

次回兼題は「竹の春」

 

 

 

俳句会

俳句のポイントー村沢夏風著より〜

 

 

私なども時々「俳句ができなくて」というようなことをいいますが

この言葉は句を作る人たちの間の挨拶の言葉になったのかと思うくらい

多くの人が云っています。

 「俳句ができなくて」といっても、俳句に入ったはじめの頃は

無我夢中でやっていたはずなのに、それがだんだん難しくなり

苦しくなってきて、なかなか句が出来なくなったというのが

大体の人のいい様です。

 

それならいっそ止めてしまったらいいのではないかとも思いますが

そう簡単に止められないところに、俳句の魅力というか何かが

ひそんでいるのだといえましょう。

 

俳句を作ることがなぜ苦しいのかを考えてみますと、何とかして

人にほめられるような句を作りたい、句会で点の入るような句や

雑誌の上で上位になれるような句を作りたい、という気持ちが

いつも底のほうにあるから、それで悩むということになるのだろうと思います。

 

それはせんじつめれば自分の気に入った句ができないというところに

落ちつくのではないでしょうか。

 

もっと楽な気持ちで、楽しんで句を作るようにすれば、気に入った句も

出来るようになるのかもしれません。

 

まずお互いに頑張るより方法はないというところでしょう。  云々

 

 

 

今日の句会も、苦し紛れの一句・たまたまの一句等の話題で盛り上がった(笑)

所詮、小手先の上達の近道などあるはずもない

自ら乗り越える道・・・

まずは、楽しんで続けることに道ありきかな・・・

 

 

 

悶々 (ー_ー)!!

真夏日から台風の余波と、はっきりしないお天気が続いています

梅雨明け宣言までは、まだちょっとかかりそうな気配ですね

 

俳句の会2ヶ所に在籍していますが、投句締切が15日と月末です

締切日が近づくにつれ、悶々とした日々〜

あ〜でもない・こうでもないと悩める日を過ごしています

 

俳句モード全開にして、詠もうするほどに・・・

 

 

 

 

雨上がり連れ舞うむふふ夏の蝶

 

風そよぐ緑のウェーブ青田道

 

 

 

 

 

 

楽しい句会

六月例会コミュニティ俳句会〜

 

いつもながら、互いの句評から学ぶことが多い

また、自身の思いと他者が感じ取る意のズレなども

句会ならではの意見の交換も面白い

 

今日の先生の一句 「時の日や昔々の南京虫」

 

南京虫って聞いたことはあるけれど、どんな虫ですか?

 

 

あらまあ〜いわゆるトコジラミの意ではなく

婦人用の金側小型腕時計の俗称としての使用だった

 

こんな使い方があるとは〜生徒一同、「へぇ〜」

良き時代知っていればこそのベテランの作ですね

 

 

 

今日は、こんな話題でも盛り上がりましたよ

あの某知事が行かれたきぬ川・ホテル三日月のコースターです(>_<)

先日旅行に行かれたKさんが話の種にと、くださいました

ホテルは、とっても素晴らしかったとの事

私も、一度泊まってみたいです〜

勿論自腹です(笑)

 

 

 

 

 

  

句会〜
ゴテバのコーヒーと桜のゼリーをいただきながらの句会




   若葉増す言の葉込めし一句かな

出来上がった句よりも、不器用な句が新鮮に個性的に感じられる
つぶやいた言葉から生まれる一句も、とは先生の言葉
自分の言葉が大事なんですよね、胸に落ちる一言です


秋には、句集や著名な先生をお呼びしての講演会の計画も〜
毎月、投句締切に悶々している身としては、気合入れなくっちゃ
たいへんだ〜
JAZZ&珈琲
俳句大会の後は、吟行ドライブ〜
宇目大字小野市のJazz&珈琲のいとうへ

国道326号線から途中山の中に入りこんだ道をうねうねと・・・
そのまた先のどん詰まり・雑木林の中にある一軒家


      人はいさ尋ね尋ねて桜狩



芽吹きの雑木林も楽しみ〜

  名も知れず人も恋しき芽吹き山



古民家風の太い梁とすてきな設え
ジャズを愛するご主人とシャンソンを歌われる奥様のすてきな空間です



ここで頂くのは、大きな器でのどんぐり珈琲^^
どんなお味なのかと興味深々でしたが、美味しい
人里離れた静寂と流れるJazz、ご夫妻との会話がご馳走です



そのあと、道々に溢れる桜を堪能〜
生憎の雨に車内からの眺めでしたが、良い出会い
かわいい


   溢れくる命盛りや花の雨



 
芭蕉句碑祭・合同俳句大会
第42回芭蕉句碑祭・合同俳句大会に参加しました
内藤記念館・静思庵横にある芭蕉句碑  


   西行の庵もあらむ花の庭




その後、行われた合同俳句大会・今年の特別賞は 

 別れには青すぎる空卒業す   吉岡由美子句

なんとも若々しい感性と清しさに溢れた句ですね
その他の特選作もすばらしいものばかり〜
列挙させていただきますね

菜の花や母が大きくなってゆく   橋元京子句
今や春指を突き上げテープ切る   甲斐恵次句
生きてこそ生き抜いてこそ春の土  山崎節子句
元気こそ私の役目白木蓮      杉本淑子句
如月の的新しき弓道部       吉玉典子句

その他にも心惹かれる句がいっぱい!

菜の花や整列してもはみ出す子   吉田泰子句
弥生尽空の青さに決める帯     吉田典子句

春風や鉄棒の子を裏がえす     甲斐佐代子句
椿落つ大きな息を一つして     吉田征子句・・・などなど


皆さんのすごさに感心するばかり〜勉強させていただきました
伝統的なものから新しい傾向と感性の句も多くなってますね





 
円熟の味^^
コミニティ句会〜

ちょっと年齢お高めクラスです・・・(^O^)
今日も、のっけから
「彼女まだ? 忘れちゃったかな?」と連絡(>_<)
このところ、こんな感じが続いています


慌てる様子もなく、「忙しかったのよ」と、駆けつけた彼女
80代とは見えないオシャレさん
そんな彼女は、のんびりモードで句会のムードメーカー

俳句歴数十年の句は、円熟の妙
味のある句を詠まれます
今日も、一番の点数でした
年数じゃないけれど、さ〜すがです^^




 
キラキラネーム?(+_+)
お誘い受けて、新しい俳句会体験してきました





いい刺激得たいとの思いからですが〜
2本立ての句会で、それだけの投句出来るのかと不安抱えながらの参加です

ベテランに、お若い方も交えてのメンバーで、新鮮な句風が目につきました
本格的な句会ですが、和やかな雰囲気で一安心
頑張って、脳トレ致しましょう〜

そこで問題!
同じ名前の方がいるので、俳号?考える羽目になりました

え〜俳号?(そんな大袈裟な(>_<))(区別がつけばいいのですが・・・)
俳号ってそもそもなあに?と、検索してみれば、俳句で使う名前

くれぐれも凝りすぎ・奇天烈・難解・意味不明・独りよがりにならぬようにとありました



どんなのが良いかしらん?と、孫に相談すれば、途方もない名前を持ち出して
はぁ〜キラキラネーム?
難しい(>_<)
句より前に名前で悩んでいる私です(笑)