俳句で綴る日々のあれこれ
<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
第114回ときめき歌会

令和2年6月五行歌ときめき歌会

今回も♪さんが取りまとめてアップしてくださいました。ありがとう

 

自由詠一席はひまわりさん

・花びらの

 言の葉を

 一つずつ

 聞き取って

 飛ぶ蝶

 (言の葉を聞き取って飛ぶ蝶の連なり、素敵な表現に^^)

 

二席は羆さん

・昼下がりの頽廃

 庭では

 紫陽花が

 空と

 密約している

 

三席は花水木さん

・声色で

 感じ取る

 元気なのか

 元気じゃないのか

 そして胸の内

(お友達?親子でしょうか?声で推し量る胸の内〜ありますね)

 

 

 

題詠は「緑」

皆さん優しいお歌を詠んでいただきました

自分で出したお題、平易ながらの難しさを感じました

 

一席は、ミモザがいただきました

・頬そよぐ

 みどりの風

 どんな心も

 まあるく

 包んでくれる

(平易なお題ながらの難しさ痛感。不安な時代に救われるもの・・))

 

二席は風鈴さん

・あなたと

 会うと

 ホッコリする

 緑の中に

 いる様に

(分かり合える無二の友が嬉しいね)

 

三席はさくらさん

・刈ったばかりの

 原っぱに

 緑の若芽

 我ここにありと

 朝露に煌めく

 

 

 

★今回は、研ぎ澄まされた言葉というのは、短ければいいというものではない

長くても短くても深い表現があり、一行が一息で詠めるならいい。

只、詩ではないので詩的表現にはならないこと

そこが難しいところでしょうが

あくまでつぶやきですねとご指摘いただきました。

また俳句や短歌とも違い、5・7・5の調子良いリズムになってもいけないとのこと

 

ついつい端的な短い文で作ることが五行歌と思いがちでしたがそうではないんですね

草壁先生選出の以下の五行歌を示していただいて

あらためて感じることができました

 

 

 

♪さんありがとう〜

 

 

尻取り五行歌

 

ネットでお遊び〜

ひまわりさんが旗降ってくださって、尻取り五行歌が始まりました

リレー形式の五行歌です

前の人の好きな一行をとって自分の五行歌を作り、次につなぎます)

モタモタしてると考えてる最中に次々更新されていて(( ^)o(^ ))

アラッとことに

頭の回転・決断が求められます(笑)

紙派の私、昨夜から血流up

こんな面白いネット五行歌があるんですね

 

 

 

 

 

 

令和二年五月ときめき歌会

今回も、ネット歌会で切磋琢磨〜

皆さんの力作が揃いました

 

 

自由詠一席は風鈴さん

・屍の私を

 もう揺さぶるのは

 止めよう

 私は今

 光の中にいるのだ  

(凛とした決意、いつも鋭い感覚の作風がすごい!)

同一席はミモザにいただきました

・伝わる

 人となり

 厳しくも

 暖かい

 声の表情

(深夜便で聞くアナウンサーの声の表情・中でも森田美由紀さんの暖かい声に惹かれます)

 

三席はゆうぼうさん

・陽だまりで

 子犬はじゃれる

 桜の花びらの

 終(つい)の舞は

 淡い風の中

(いつも詩的物語が見えるゆうぼうさん作)

 

 

題詠は、ゆうぼうさん出題の「嘘」

なかなかに面白いお題に秀作ぞろい。選歌に迷いに迷って点数が足りないほど^^

 

 

一席は羆さん

・言い訳ならば

 瑠璃波留の

 煌めく嘘で

 私を撃て

 恋人よ

(いつも文芸度の高い羆さん作品です。小説のシーンのように思われます

 

二席は、ひまわりさんの

・葛藤の末

 絞りだした

 笑顔は

 病を隠すための

 究極のうそ

(こんなこともありありの場面。笑顔に隠された優しくて苦しいうそですね)

 

同二席はゆうぼうさん

・君の優しい嘘が

 僕をやる気にさせる

 それに気付かない

 フリを続ける

 もっと嘘つきな僕

(優しさゆえにつく嘘・つかれる嘘、恋人の?夫婦の嘘でしょうか

 

いいお歌がいっぱいです

 

風鈴さんのお歌も良い

・感覚が

 答えだ

 自分に

 嘘が

 あるかないか

(この鋭い感覚。どんなに隠しても自分自身はごまかせない

 

ちなみに私は

・嘘の中の

 ホント

 ホントの中の嘘

 表裏一体の

 合わせ鏡

(これも道理・真実)

 

お題の「嘘」よかったですね〜

出題者のゆうぼうさんに拍手です

 

 

このところの世情でネット歌会が定着してきてお茶の間で楽しめる私たちですが、

すべてをまとめ配信してくださるひまわりさん、ありがとうございます

第112回ときめき歌会

今月もネットときめき歌会の運びとなり

何から何までひまわりさんがお一人で進めてくださいました

 

今回もそれぞれの想いの詰まった歌が集まりました

 

★自由詠一席は、風鈴さんと花水木さん

 

風鈴さんの

・ジャンプして

 ニッコリ

 ハッピー

 ポーズで

 自動鼓舞装置    (簡潔で元気が出る言葉・前向き表現がいいですね)

 

花水木さんの

・いずれ私も入る

 線香に

 火をつける

 母

 彼岸の日      (お母様に寄り添っていらっしゃる愛が伝わってきます)

 

三席はゆうぼうさんとミモザがいただきました

ゆうぼうさん

・それがいかに

 悲しい夢か

 何も語らず

 ただ微笑んで

 君が先に逝く    (いつも詩的な表現のゆうぼうさん、お気持ち聞いてみたいです)

 

ミモザ

・風に

 空に

 癒される

 そして

 人声の優しさに   (閉塞感の漂う今の日常、でも人の声、とりわけ子供の声は愛おしい)

 

 

 

 

 

題詠は、「桜」

★一席はひまわりさんとミモザがいただきました

ひまわりさん

・喜びも

 悲しみも

 花弁のページに

 彩られた

 桜物語            (桜に寄せる歳月、思い様々の桜物語ですね)

 

ミモザ

・桜

 咲くさく

 大地も人も

 薄紅色の

 門出の春だ          (孫たちそれぞれの門出の春へ^^)

 

三席は、羆さん

・夜の闇に

 しんと

 白々と

 誘っている桜

 共に狂えと          (文学的で、情景が浮んでくるお歌ですね)           

 

 

 

 

勝手な感想述べましたが、単調な調べになりがちな自分への喚起になります

来月は、ゆうぼうさんからの「嘘」

なんとも面白いお題ですね

どんな「嘘」が出てくるか楽しみです^^

私が一番に浮かんだのは、中条きよしの「「うそ」

折れたた煙草の吸殻で〜あなたの「嘘がわかるのよ〜」でしたが・・・

さてさて、嘘探し!(^^♪

 

恋の五行歌

五行歌歌の会25周年企画の

「恋の五行歌」の公募に見事♪さんが入選されました( ^)o(^ 

おめでとうございます

 

   

 

 

長年五行歌に親しみ、サークル主催に力を注ぎ、言葉を磨いてきた彼女の嬉しいニュース

ご主人との素敵な出会いを詠まれてます

 

 

        ✰ 私の罪状は

          ハート窃盗罪と

            恋路駐車違反

            貴方に捕まり

            貴方の妻となる

 

 

若いころからお二人を知る私、なるほどなるほど〜と、にんまりしてます^^

素敵なご夫婦の出発点

記念の一首になりましたね

 

 

ちなみに私は、選外でしたが

・片恋に

 胸ときめかせ

 頬染めた

 純な私が

 なつかしい

 

こんな日もあったと思う日・・・

年は重ねても恋心は・・・(^_-)-☆

 

 

令和二年三月ときめき歌会

三月の五行歌・ときめき歌会は、新型コロナウイルスの広がりのため

初のネット歌会となりました。

いつも主催者のひまわりさんに、投稿集めからお世話いただいているのですが

今回は、加えて品評の集計アップまですべてお骨折りいただきました。

こんな形の歌会もありなんですが

昨夜遅くまでかかってアップしてくださった様子に本当にお世話様でした。

 

していただくわが身は、出来たかな?なんてお気楽なもので申し訳なかったのですが

なんとまあ〜思いがけずに自由詠・題詠共に一席いただいていました。

 

自由詠一席〜風鈴さん

・何歳でも旅の途中

 まだ見ていない 

 景色

 まだ知らない

 ときめき

 

同一席〜ミモザ

・慎重さと

 大胆さ

 反芻する

 私の

 根っこ

 

三席〜ひまわりさん

・一人二人三人来たよ

 インディアンの

 歌のように

 留まること知らずの

 新型コロナウイルス

 

 

 

 

題詠は「宝」

一席はゆうぼうさん

・あなたの死によって

 アフガンの花が

 枯れてしまわないように

 遺された宝を 

 守っていこう

 

同一席はミモザ

・子供は

 宝

 輝く瞳の

 未来の

 探検隊

 

三席は四季の里さん

・そう

 夢と心

 包んできた

 子等が

 宝

 

 

命吹き込まれた言葉の不思議と魅力

それぞれの想い学べる五行の調べ〜

 

次回お題は「桜」

良き季節〜、門出の季節〜

皆さんと談笑しながらのときめき会ができますように〜。

 

お宝探し

只今、お宝探しに奔走中〜

あっちを向いてもこっちを向いてもがないかと思う私・・・

ここほれワンワンと畑でも掘ってみようか、(笑)

 

何のことはない〜

来月の五行歌のお題が「宝」とあって歌材探し

簡単なようで難しいお題〜

このお題から、発想を飛ばし言葉を綴るのだが・・・

まだまだに手探り中

なかなかに見つからぬです・・・

 

 

 

110回ときめき歌会

今月もジョイフルでときめき歌会

時節柄マスク姿で集まりましたが、皆さんお元気です。

今回はいつにもまして秀歌揃いで、何度も選歌に迷いました

 

自由詠1位は、スイトピーさん

・朝ごとに思う

 今日という日の

 白い一ページを

 何色に

 しようかと

 

2位は、ひまわりさん

・湿度30%の

 乾いた心を

 一瞬に潤う 

 君の笑顔は

 罪作り

 

3位は、風鈴さん

・まるで

 深窓の美猫

 野良だけど 

 今度は

 いつ会えるの

 

洗練された言葉と表現、歌材への着眼点・・・

とっても素敵な五行歌ですね

 

 

 

 

題詠は「黙」

1位は、ひまわりさん

・寡黙だった 

 植物たちが

 囁き始めた 

 暖冬異変の

 森羅万象

 

2位は、風鈴さん

・過去も

 未来も

 ないような

 白昼の

 町の黙(もた)

 

3位はさくらさん

・折々に

 胸いっぱいの

 思いの丈

 語りたくても術なくて

 笑顔で黙する

 

同3位にミモザがいただきました。

・思いの丈を

 吐露するも

 黙して語らずも

 揺れ動く

 心ひとつ

 

それぞれの黙の表現、根底に流れる心模様を読み取ります

 

 

今回は、五行歌始めて間もないスイトピーさんの素敵な五行歌に皆さんからの拍手が

わきました。ピュアな表現がとっても素敵でした

次回お題は「宝」

またまた難題です

さあ〜宝はどこだ?宝探しといきましょう〜

 

 

新春ときめき歌会

今日は、五行歌初歌会〜

お食事を楽しみながら、選評の初歌会となりました

自由詠も題詠((暦)も秀作ぞろい、素敵な歌が集まりました。

 

自由詠

・一席は、ゆうぼうさん

 歌人(うたびと)の

 煌めくような

 恋歌より

 拙さが笑える

 君の歌に泣いた

 

・二席は羆さん

 間

 ことば

 間

 すべて整うとき

 語り手の至福

 

・三席はミモザがいただきました。

 好きなこと

 楽しみなことが

 私の

 やる気スイッチ ON

 元気の源

 

 

 

 

題詠(暦)

・一席は、ひまわりさん

 366個の

 題名のない

 ドラマが

 刻まれていく

 カレンダー

 

 ・二席は風鈴さん

 カレンダーに

 予定を

 入れる時  

 命の伸びしろ

 更に伸ぶ

 

・三席は、ゆうぼうさんと羆さん

 カレンダーを

 日捲りに変えて

 残り少ない

 愛しき日々を

 凛として生きる

 

 いつだって

 再生を夢見ている

 ようこそ

 新しい暦

 新しい私

 

 

それぞれが創り出す言の葉

言の葉に命吹き込む歌の魅力

みんな違ってみんないい〜

 

 

可愛いいお年玉いただきました。

ひまわりさんからは、それぞれの名前を折り込んだ五行歌

心配りに( ^)o(^ )

 

今年も素敵な仲間と歩んでいきましょう

どうぞよろしくお願いいたします

108回ときめき歌会

昨日は、令和元年締めのときめき歌会〜

ご都合で3名の方がお休みでしたが

お祝い事が重なって、何時にもましてにぎやかな歌会でした

★♪さんのお誕生日

★花水木さんのお母様の米寿のお祝い

★羆さんが主宰する「まほうのつえ」の20周年

★花水木さんらのボランティア活動・夏田稲荷グラントファンティングコンテストの入賞

★そして、私の県北短歌の入賞とお祝いしていただきました

いつもの如く、歌会の食事の後にチーズーケーキで乾杯する女子会で盛り上がりました

本当にありがとうございました^^

 

page.jpg

 

 

本題のときめき会は、今回も秀歌いっぱいで選歌に迷いました

 

自由詠一席は、ゆうぼうさんの

・ただ何となく

 電話してみた

 ただ何となく

 逢いたいと思った

 ただ何となく便利な言葉

 

二席は風鈴さんの

・明日を 

 立ち上げる時

 正の

 連鎖が

 動き出す

 

三席はひまわりさんの

・青空の

 キャンバスを

 むくむくと

 カスタマイズする

 羊雲の底力よ!

 

五行歌 006.JPG

 

 

題詠は「欲」

 

一席は菜の花さんとゆうぼうさん

・宝くじ買った

 あれも

 これも〜と

 欲張った

 夢を買った

 

・欲しいものを

 一つ言えと

 言われたら

 欲しがらない心と

 言えるかなあ

 

三席は風鈴さんと羆さん

・欲も色々

 食欲

 睡眠欲

 満たされて

 知足

 

・無私の

 無心の手に

 神の技が宿る

 欲では得られない

 美しい軌跡

 

五行歌 004.JPG

 

 

私は

・友からの便りに

 波立つ心

 巡る人生

 糾える

 喜びと悲しみ

 

・欲に限りなし

 物持ちすぎず

 〜乍ら凡人

 小欲あればこその
 元気

 

みなさんの削ぎ取られた言葉選びとリズム、大いに学ことばかりです

さあ次の年に向けて頑張ろう

お題は「暦・カレンダー」です

 

五行歌 007.JPG