俳句で綴る日々のあれこれ
<< March 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
癒しのノンちゃん

癒しのノンちゃんがアマゾンから届きました

いわゆる介護人形ですが・・・

 

 

以前から、赤ちゃん人形を抱っこして良い表情を見せる母に

父からのプレゼントです

帽子や靴下・洋服を買いそろえて、母の元に届けました

最初の呼びかけは、○○ちゃん

妹の名前を呼びました^^

手慣れた様子で抱っこしてあやす母〜

あら〜目をつぶっちょるね〜

あら〜こん子は、泣かんが〜

(>_<)(^O^)!(^^)!((+_+)(@_@。

 

小っちゃい子供が大好きな母の少しでも癒しになれば♥

 


 

会いたかったよ〜

約1ヶ月ぶりの母との面会〜

施設のインフルエンザ予防の面会制限で

今日から、やっと15分の面会可の知らせがあり

早速待ちかねていた父を伴って出かけました

 

 

 

久しぶりの母は、変わりなく元気な様子

ぬいぐるみを抱っこして待っててくれました

私達に顔を近づけて「誰」?といぶかしげでしたが

見慣れた顔がわかったようです

アッという間の面会時間に父も物足りない様子ですが

インフルエンザはピークを過ぎたとはいえ

まだまだ用心が必要なようで

順次制限が解けるのを待ってくださいとの事

母さん、会えてよかった〜安心したよ


 

父の事〜

寒い日が続いて、インフルエンザの猛威が続いてますね

 

母の施設でも面会時間の制限から、全面禁止との事で

母に会うのを楽しみにしている父も手持無沙汰の様子・・・

どんな具合かな?と実家へ出かけました

一人分の洗濯物が揺れて

庭先に天日干しの食器・・・が

のどかな景色にも見えますが・・・

それはそれで切ない思い・・・

 

 

 

そんな父が、自分史を書き始めたと、下書きを見せてくれました^^

父は、父なりに自分の時間を大切に使っているのですね

何より母を大事に思い、身辺自立の父

時に頑固な父ですが、そんな父が誇らしいな〜

 

添削は、私任せてねと憎まれ口を叩く娘です・・・

 

誕生日

父 94歳の誕生日〜

妹弟と、中華でお祝いしました

母への面会を何より楽しみに頑張っている父ですが

最近は、インフルエンザ警報で面会時間15分の制限とあって

ちょっと物足りない様子です

施設での母は、ご機嫌も良く元気に過ごしています

お父さんお誕生日おめでとう〜元気で長生きしてね

 

 

 

 

 

 

父と〜

忘年会&クリスマス会

何のことはない~

実家で、全国高校駅伝大会を観戦しながら

父と妹との時間ですが

このところ、何かと忙しなく過ごしているので

実家でゆっくりも良いものです (^O^)

姦しい応援の娘二人に囲まれて

ささやかなプレゼントを喜んでくれる父です(^O^)

 

 


 

母のこと〜

お願いしていた特別養護老人施設への入居が決まりました

 

これまでの施設で、とっても良くしていただいて笑顔の絶えない母になれた事

歩行器での歩行が出来るようになった事等などお世話してくださった皆様への

感謝の気持ちでいっぱいです

本当にありがとうございました

 

 

昨年あたりからの急激な母の変化、今年になって度々の骨折等など

いろいろありましたが、今後生活の場として特養お願しました

 

場所も、近くなって父も自由に面会出来ると喜んでいるようです

新しい場所で穏やかな毎日過ごせるように願っています

 

 

 

 

見立渓谷〜

父・妹・弟とお墓参りを兼ねて紅葉を楽しんで来ました

 

奇岩のゴロゴロした見立川沿いの道を奥へ奥へと進み

ひと山登ったところが父の生家跡

みんな揃って、久しぶりにご先祖様のお参りが出来ました

 

 

 

道々の紅葉に声をあげ、お喋り三昧〜

懐かしい景色に思い出がつきません

 

 

昔は鉱山で栄えた町も、今は自然に帰ってしまっています

下の建物は、鉱山技師の事務所後英国館です

近くにはキャンプ場が出来てます

 

 

 

 

そして、「こんなところに一軒家」の如く、こんな道を山頂めがけて歩けば

 

 

生家跡〜

なごりのお風呂場横の水鉢も勝手口の石切水場も・・・

懐かしい祖母の声が聞こえて来そうです

 

久しぶりにこうして、みんなで来れた事

父の思いに添えた事、良い日になりました^^

 

 

五か月ぶりに〜(^O^)

母が五か月ぶりに帰省しました〜

 

見てください〜って、

大声でお知らせしたいほどの満面の笑み^^

 

あの五月の転倒骨折で入院から施設生活となった諸々の月日

険しかった母の表情も穏やかになって落ち着いた日々が過せています

 

今日は、弟の帰省に合わせて外出を計画

みんなで、母の外出を心待ちにしました

開口一番、母の「あら〜」の声に、胸に迫るものがあります

 

 

 

 

陽だまりで二人の時間〜

 

じいちゃんが大根がおおきくなってるよ〜と言うと

私が植えたって言ってましたけどネ

 

    小春日の二人時間の愛しさよ

 

お昼は、炊き込みご飯にお鍋・白和え・きんぴらメニュー

刻み食ですが自力摂取で食欲旺盛

デザートのケーキもペロリといただきました

 

 

帰り際、なんということもなく施設へ戻る母〜

ぼんやりとかすむ我が家と家族のこと・・・

何事にもとらわれなくなった母・・・

どんな気持ちがよぎったでしょうか・・・

 

母さん時々忘れても良いから、時々思い出してね〜


 

気持ちいいネ〜

お天気に誘われて、久しぶりに散歩を楽しんだ母

車椅子を押す父に「気持ちいいね〜」と応える母

七十余年連れ添った二人の時間

大事にしてあげたいね

 

 

連れ添うて二人時間の秋日かな

 


 

秋天

まさに秋天・行楽日和ですね〜

 

妹と連れだって、実家の冬支度へ出かけました

父はと見るとお料理の真っ最中(^O^)

ゴボウのきんぴら・野菜が不足しがちだからと

ピーマン・人参の塩コショウ炒め作っているところでした

 

最近は、随分と料理が負担になっている父ですが

一週おきにお惣菜宅配を利用しつつ、自分でも頑張っています

全部お任せになると、認知症になっちゃうよと、時に厳しい言葉の娘達ですが

離れず離れずのサポートしながら見守っています

 

今日は部屋を暖か仕様にと敷物の入れ替え・掃除洗濯に追われました

昼食囲みながらの実家時間〜

良い一日になりました

 

 

 

 

 

 

 

   秋天や父の笑顔のこぼれ来る