俳句で綴る日々のあれこれ
<< February 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
がんばりました^^

父の放射線治療が終了しました

心配した食欲減退や体調不良もなく、つきまとう不安を終えて笑顔の父〜

今度は、3か月後の経過観察です

がんばりましたね、お父さん^^

 

 

 

 

   早春や笑顔のさざ波満ち来たり

元気であればこそ〜

今日は、ショートステイを終えた母の元へみんなで集まりました

周りの心配をよそに、本人は、意外とケロリとした表情・・・

それだけ症状が進んでいるということですが、まずは一安心しました

 

 

 

マイレシピノートを持参して帰省した弟

この一週間、父の通院に家事にと頑張っています

分厚いノートには、クックパットやアサイチのお料理情報の数々が記されています

弟によれば、どれももレシピ通りの分量、材料で〜

奥様方のように目分量・ある材料でってことが難しい男の料理のようですが

そんな弟の料理に旨い旨いの父^^

 

 

 

そんなこんな、介護が始まったこれからの日々〜

老々介護への道のりは、始まったばかりです

介護人も元気であればこそと、賑やかなお昼を楽しみました

寝付かれず・・・

昨日から二泊三日のショートステイに出かけた母〜

今後のこともあってのお試しショートですが

準備していたとはいえ、より混乱するのではないか?と

諸々に深まる不安を抱きながらの利用です

 

なにかあったら、すぐに連絡をお願いして

携帯片手に、まんじりともしない一夜を過ごしました

今朝、早速様子伺いの電話を入れると

帰りますと落ち着かない事もあったようですが

職員さんが上手に対応してくださったようで、

心配いりませんよと話してくださいました

すぐに、みんなに連絡

弟からは、「親父は、昨日も今日も母ちゃんの事ばっかりだよ」とメールが入って来ました

みんな同じ思いで過ごしたんでしょうね〜

 

さあ〜お母さん、お家で待ってるよ〜

 

 

 

 

 寒月やほろろ肉じゃが母の味
 

ご機嫌さん

なんと、寒い日が続いてますね〜

 

 

今日で八回目を終えた父の治療、今のところ体調も変わりなく過ごせています

あと残りの回数も難なく乗り越えてほしいものです

妹と協力しながらのこの一週間・・・

昨日はお着替え拒否の母でしたが

今日は、ケアマネさんの訪問にご機嫌さん

若い男性、お気に入りの様子です^^

 

 

 

一回りも大きくなった、みぃちゃん〜

最近は、テレビの前やピアノの上がお気に入り

我が家の♥を一身に集めてます


 

冬麗〜

月末の母のショートステイに向けての準備に実家へ

テレビ観戦しながら

妹と持ち物チェック・名前シールを付け等などしました

 

あれこれと指示する父・関知しない母〜

そんな両親のそばで思うこと〜

 

老いるとは・・・

 

 

 

  冬うらら老いの道路の歩一歩

パタパタママ・パタパタママ

パタパタママ・パタパタママ〜

思わず懐かしいこのフレーズが、口を突いて来ますが

松が取れて、早何かと動き回わる日々〜

 

母の定期受診・デイのケアカンファレンス・父の受診・・・

年老いた両親の事が気になる毎日です

来週からは、父の毎日の通院治療が始まるので、母の事・家事の事が

もろに押し寄せて来そうです

 

最近は、娘たちの名前もおぼろな母・・・

いつも惜しみない母への愛情に溢れる父への抵抗もあったりと

だんだんとままならない日も増えつつあります

毎回の母のデイサービスへの送り出しは、妹と交代に担当
今朝も夜明けの道を実家へと急ぎました

 

 

 

今まで元気でいてくれた両親のこと〜

これからがお世話の始まりです

 

 

♪さんの五行歌・「元気預金」の歌に元気づけられてます

 

心の綻びは

「元気預金」の

担保残高から

穴埋めしている

底をつくまで

 

そうですね〜

何事にも忙殺されず

時々、元気預金を引出したり、ちょびちょび追加預金で参りましょうね

 

互いに無理せず、出来ることをしていきましょう

思う日々〜

年の瀬も押し迫ってあたふたと過ごす日々・・・

 

今日は、母のケアマネジャーさんと

両親の生活について話し合いをしました

思いがけない父の入院で術後は良好ですが

年明けからは、毎日の照射治療が始まるなど、支える状況も大きく変化する年になりそうです

不安感はあるものの、病気の実感が伴わない父は

まだまだ、母の事は、自分でできる気でいます・・・

 

母のお試しショート利用などいろいろ相談しながら進めようと思ってます

両親の思いを大事にしながら支えたい

あれこれと思う日々です・・・

 

 


 

共に〜

黄落の並木道が、あっという間に風に舞い裸木に・・・

師走の慌ただしさを感じるこの頃〜

 

先日、退院した父は、なんでもできる気いっぱいですが

大腿部の皮膚を移植した患部は、火山のクレーターのようにえぐられていて

痛々しい状態です

両親の生活を支えるべく、話してる矢先

デイサービス利用の母の体調不良の知らせに、慌ててお迎え受診し事なきを得ました

これから先、いろんなことが出てくるでしょうね・・・

 

配食やデイ・ショートステイ利用などなど、上手に利用しながら、

無理のない支え合いをしていけたらと思うのです

まず当面は、妹と交代で夜間のお泊りで父の快復図りましょう

 

 

病院ロビーの絵画展(柚木埼睦人と仲間展)より
 

毎日あたふたと〜

毎日の病院通い等であたふたとした日々〜

 

父は、経過良好ですが、ベット上の生活で車いす初体験や

「飯がまずい!・味がない!」等と訴えて、ご不満の様子

この調子じゃ長引くかなと心配になりましたが

日を追うごとに元気が出て、昨日は歩行の許可が出ました

日参の子供たちや孫ひ孫のお見舞いに笑顔を見せています

 

入院の父もですが、留守中の母が気になっていましたが・・・

いつもいつも「お母さんファースト」の父に比し、意外とアッサリ系の母(>_<)

デイサービスから帰宅後に「お父さんは?」と尋ねるだけで
案ずるより産むがやすし・・・

弟夫婦の手厚い介助を受けてご機嫌の様子です

 

明日には、退院の父、帰ってからのサポート体制整えましょう〜

 

 

 

窓辺〜

胸に出来たおでき切除の為、思いがけない父の入院〜

矍鑠としている父も、さすがに不安の色濃く心配しましたが

妹弟夫婦が揃って見守る中、今日無事手術を終えました

病室に戻ると、日頃の元気が垣間見え安堵〜

経過が良ければ、短期間の入院で済みそうです^^

 

しばらくは妹弟で連係プレー図りながら、父と母の生活サポートです

今まで、父が元気だったからこそ成り立っていた両親の生活ですが

いよいよ両親を支える生活も第二段階かな〜と思うのです