俳句で綴る日々のあれこれ
<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< リハビリ開始 | main | 母子草 >>
極上の孤独

極上の孤独ー下重暁子著

 

孤独程贅沢で愉快なものはない

成熟した人間だけが到達できる境地である

孤独を味わえるのは選ばれしひと

孤独を知らない人に品はない

素敵な人はみな孤独云々・・・等々

 

 

わが身を振り返り、身に沁みる一冊

何度も読み返したい一冊です

 

 

 

 

あのNHKアナウンサーだった下重さんのご本ですね

子供の頃、テレビの中の下重さんに憧れて

アナウンサーになりたいと思ったことも・・・

なんとおこがましい事(>_<)

私は、ラジオ向き(笑)声だけは、自信があったの(笑笑)

 

ノンフィクション「鋼の女―最後の瞽女・小林ハル」も

是非読んでみたい

スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://nonnomam.jugem.jp/trackback/1871
TRACKBACK